×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職!!面接での退職理由は…

今、転職をしようと思ってもなかなかそう簡単にはいきません。
面接に行くだけでも履歴書と職務経歴書を送付するという書類選考をされるんですなぁ。
さて一番、面接で言ってはいけない退職理由は、「何故、この会社を辞めたのですか?」と聞かれてもバカ正直には答えてはいけないということ。
例えば「上司に仕事をなんでも言われて、残業ばかりさせられた」とか、「同僚が出世したので、自分には向いてなかったのか?」とか。
要するに「後ろ向き」の発言は良くない訳であります。
そういう場合は、「社風が合わなかった」と言えば良いのです。
「社風」だけは、やはりその会社に入ってみないとわからないわけで。
とにかく自分の前向きな姿勢の元に新しい会社では「発揮したいんだ」という心づもりで
発言するのが一番だと思いますね。気合いだ!
結果的にいうと、会社って入ってみなければわからないことがあまりにも多いです。
仕事も思ってることとは全く違うことだってあります。
要は「社風に合うかどうか」が決め手かも!?

転職の理由を面接で聞かれたら


面接の極意! 転職する時の理由は…例えば〜

誰もが苦手な面接!面接って嫌ですよね。
あの独特の雰囲気というか空間が人間の本質を変えられそうですよ。面接官による、質問も様々。一番言いたくないのが「会社を辞めた時の理由」です。私にも経験がありますけが、バカ正直には言わないです(言えないです)。
正直に言ってしまえば、「嫌だから辞める」に決まってるんですよ、大方は。
あとは「収入面」「待遇面」などもありますが…。
例えば私の場合を例にとってみると、「前職の会社には辞めないでくれ〜とは言われてますが、御社の条件が自分に合ってるんではないか?と思って面接に伺いました」
なんてことを大げさに表現してみたりしたこともありましたねぇ。
多少は豪語するのもいいかもしれません。
つまり面接って言うのは、「表現の場」だから多少は大げさに言っても問題はないんですよ。
ただ、出来ないことを出来ると言うのは後々、自分の首を絞めることになるので『嘘』はダメですけどね。
そして、笑顔!これで決まる場合だってあるんだすよ。
要するにイメージの問題ですよね。

Copyright © 2009 転職の理由を面接で言うときの注意事項

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。